FC2ブログ
デイトレの秘訣

ギブ・アンド・テイク (システムトレード)

当ブログにご訪問されている方のブログを拝見すると、様々な有益な情報が載っています。
私もとても参考にさせてもらっています。

特に最近では、私のFXデイトレードにおいて、MetaTrader4を導入するにあたり、ディ・アフター・トレード☆のサイトからの情報がとても参考になりました。

そのディ・アフター・トレード☆のSeeyaさんから先日コメントをいただきました。
こんな私の小さなブログにまで訪問してくれて、コメントまでしてくれると思うと、サイト運営の大変さを知っているだけにとても嬉しい限りでした。

そこで、幼稚ながらも現在の私のMT4で使用しているインジケータを紹介したいと思います。
とは言っても、休日で時間のある時は、MT4インジケータをコロコロと取り替えていますので、ここで紹介するインジケータは正確には先週まで私が使用していたインジケータです。(^^;

MT4インジケータ

みなさんも何か良さそうなインジケータがあれば紹介して欲しいです・・・。(^^;

「ギブ・アンド・テイク (システムトレード)」の続きを見る

スポンサーサイト



FX デイトレード システムトレード MetaTrader4 インジケーター 

デイトレの秘訣

勝率50%の裏技必勝法 (システムトレード)

裏技というほどでもありませんが、勝敗をそれぞれ50%の確率だとします。
その時に、勝った時の額+30、負けた時の額-20とそれぞれ損益を限定すると、勝敗50%のため(計算上)2回売買する度に+10ずつ利益になります。
計算式は+30-20=+10です。

しかし、勝敗50%と言っても連続して勝つこともあれば、連続して負けることもありますが、売買回数を多くしていくにつれて勝敗50%に近づくことだと思います。
そのため計算上では、100回売買すれば+500、1000回売買すれば+5000、10000回売買すれば+50000ということになります。

まぁ、実際にはこれほど上手くいかないかもしれませんが、少なくとも損失を限定することによって利益が変わってくることだと思います。
これに気付いて実践すれば、必勝法も夢ではないかもしれませんね。

私も時間のあるときに、プログラムを組んで為替データの1分単位での4本値データ2年分を使用して検証してみたいと思います。

P.S
ビットウィーンさんヒントありがとう♪(^^;

[ 追記 ]
その後、プログラムを組んで検証してみましたが、上手くいきませんでした。

ストップとリミットの幅を広げると、その中間で反転することが多くなりストップ(ロスカット)に引っかかるものが多くなり、ストップとリミットの幅を狭めるとスプレッドが足枷になり上手くいきません。
簡単に言いますと、前提であった「勝率50%」ではなくなってしまいました。

ただ、私が簡単なロジックしか組んでいないために勝率50%に達成することができませんでしたが、それなりにロジックを組んで勝率50%以上にすることができれば必勝法も夢ではありません。

ただ、損失を限定するのは当然のことですが、それ以上に利益を伸ばすことが重要です。
と、ビットウィーンさんに言われました。(^^;

ちなみに、エクセルのVBAでプログラムを組んでいますが、(Windowsタスクマネージャで見ていると)実行するたびにシステムのページファイル使用量が増えて困っていました。
しまいには、メモリを目いっぱい使ってしまい、メモリデータの退避でパソコンが極端に遅くなっていました。
そこで、ネットでエクセルのページファイル使用量の肥大化を解消する方法が載っていましたので、ここでも紹介しておきます。

エクセルメニュー「ツール」-「ブックの共有」で「詳細設定」タブの「変更履歴」で「変更履歴を保存しない」にチェックするとページファイル使用量の肥大化を抑えることができました。

ただ、「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」にチェックが入っていないと「詳細設定」タブの「変更履歴」が変更できませんでしたので、最初にこの「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」に一旦チェックをして、「詳細設定」タブの「変更履歴」を変更し、そして「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」のチェックを外しました。

「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」のチェックを入れたり外したりするときにいろいろメッセージが表示されていましたので、もしかすると今まで何か設定されていたものが外れてしまったかもしれませんが、変更して保存後のエクセルで動作していましたので、これでいいかな?って思ってます。
でも、ちゃんとバックアップをとってから設定を変更したほうがいいと思います。(^^;

デイトレの秘訣

あけましておめでとうございます (システムトレード)

昨年は秋頃から、FX取引、FXによるデイトレード、そして完全自動売買のシステムトレードツールとの出会いなど、相場に関して初めてのことがたくさんありました。

この年末年始も完全自動売買のシステムトレードツールをプログラミングしていました。
そのため、嫁さんからはどこにも連れて行ってもらえないとブーイングされましたが・・・(^^;

完全自動売買のシステムトレードツールの基礎は、どういったテクニカル指標をどの値で使用すればいいのかもさることながら、根本的な戦略は今までデイトレードで培った知識と経験がいかされることだと思います。
それにはまず、今まで自分が「なんとなく」おこなってきた判断や売買行動を分析しなければいけません。

よくプログラムの経験や知識の無い人から、プログラムできて羨ましがられますが、「儲けられるシステム(仕組み)」を作ることが重要であり、プログラムができるからと言って、「儲けられるシステム」を作れるかどうかは別問題なのです。

「儲けられるシステム(仕組み)」にのっとりプログラミングすれば儲けられるし、そうでなければ損します。
損するためにわざわざプログラムを作っている訳ではありません。
逆に言えば、「儲けられるシステム」があれば、プログラムで実行しようが自分でおこなおうが儲かるのです。
プログラム(完全自動売買のシステムトレードツール)は単に自分の分身でしかありません。

プログラムの良いところは、休み無く忠実に実行してくれるところですが、悪く言えばプログラムしていないことは絶対にしませんので融通が効かないというところです。
プログラムするのは人であり、結局のところ、プログラムはその人次第ということになります。
これはプログラムに限らず、プログラムしなくても指標を使った場合でも、その指標をどう使って成果を上げるのかはその人次第ということです。
同じ日足チャートを見ても、移動平均線で売買する人、酒田罫線で売買する人、その他各種テクニカル指標で売買する人さまざまです。
そして、その成果も人さまざまです。

ただ、今まで感覚的に「なんとなく」していたことを、ただそれだけではプログラムすることはできません。
なんとなく底値付近から上昇したので買った。
なんとなく天井付近で利益が出ていたので手仕舞いした。
なんとなく底値付近で買ったのに、その後も更に下落したのでロスカットした。
この「なんとなく」という感覚を各種テクニカル指標に当て嵌め、その数値の基準を算出しなければいけません。
まぁ、この作業が一番重要なところであります。

その一方、各種テクニカル指標があるなかで、どの指標が自分の売買に合っているのか探しました。

最終的に仕掛け(新規売買)時にはRSIやストキャスティクスなどオシレータ系指標が向いているように思いました。
もちろん、古典的な移動平均線でも試してみましたが、移動平均線などはかなり有効でありますが、遅行性であるため変化の速度について行けませんでした。

その遅行性を少しでも短縮するために算出期間を短くすれば、今度は逆にノイズ(ダマシ)が多くなり、使い物になりませんでした。
とは言いつつも、移動平均を手仕舞いの基準の1つに採用していますが、少なくとも移動平均線のような遅行性指標は新規建て時には向いていません。
まぁ、必ず損する指標やその設定値があれば、逆の売買をすれば儲かるということになるのですが・・・(^^;

P.S 最近、良い噂の聞かないFAIに関連する林輝太郎さんですが、一昨年亡くなった私の父よりも遥かに高齢ですね。
汚名返上と言うわけではありませんが、今までの総括としての力作を執筆してもらいたいですね。

デイトレの秘訣

完全自動売買ツールに大きな進展あり (システムトレード)

年末は忙しく、仕事でもトラブルがあったりして、昨日までに出来たことと言えば、散髪と洗車くらいで年賀状の宛名書きも今から急いでしなければいけないと思っています。

そんななか、嫁さんの誕生日が年末近くにあったのですが、すっかり忘れていました。
まぁ、誕生日だからと言って特別何をする訳でもないのですが、粘着質な嫁にネチネチと誕生日を忘れていたことについて愚痴を言われて、ひたすら耐えている可哀想な私です。(^^;

年末は忙しいと言っても、クリック証券のWEBサービスAPIを使った完全自動売買のシステムトレードについては大きな進展がありました。
FXデモトレードの「ダウンロード」というところに参考にできそうなプログラムが複数ありました。

その公開プログラムをベースにして、私の完全自動売買ツールを作っていこうというメドが立ちました。
公開プログラムの作者の方に大変感謝しています。

自分のパソコンにローカルサーバを立ち上げて、プログラムからアクセスしてみましたが、ログインすら上手くいかないので、ローカル環境へのアクセスは諦めました。
プログラムが悪いのか、ローカルサーバの環境が悪いのか調査すればいいのかもしれませんが、特にローカルサーバのことがさっぱりわかりません。

クリックFXのデモトレードに申し込みをおこない、そのデモ環境でいろいろテストや開発をおこなっていこうと思います。
本当は最初にローカル環境でテストしてみて、その後にデモ環境や本番環境にアクセスしないといけないのですが、デモ環境にはログインできてアクセスできていますので・・・。(^^;

また、本番環境でWEBサービスを利用する場合、サービス利用の開始(や終了)をおこなわなければいけないのですが、デモ環境ではそのような操作も必要も無いようですね。
まぁ、それを知らずに数時間いろいろ試したり考え込んでましたが・・・。

現段階では、とりあえずデモ環境で1分単位の4本値取得に成功して、完全自動売買のシステムトレードツールは、8時間で85pips、12時間で118pipsの推定利益を出せるところまできました。
まぁ、適当に選んだ時間なので、様々な日時での確認はできていませんが・・・。

それに、まだ注文発注やリスク管理部分などは、まだまだ出来ていませんが、システムトレードツールに希望が見えてきました。
もし本番でも常にこのような成績が出るのであれば、今の生活が変わるかもしれませんね。
まぁ、現実はそれほど甘いものではないことだと思いますが・・・。(^^;

来年は(いつになるかわかりませんが)完全自動売買ツールで利益を出して、私自身の売買でその利益を消費するようになるのかもしれませんね。(^^;

まぁ、今後どうなるかわかりませんが、来年もよろしくお願いします。

デイトレの秘訣

完全自動売買(オートパイロット)のシステムトレード (システムトレード)

完全自動売買(オートパイロット)のシステムトレードは私の長年の夢です。
パソコンの電源を入れるだけでデータを自動で取得し、プログラムの判断によって自動で売買注文を出すものです。

以前私はVB(プログラム)でYahoo!ファイナンスの株価時系列データを取得したり、自動で証券会社の口座にログインするプログラムを作りましたが、そこから先が進められなくて途中で断念した経験があります。

今日はクリスマスということでFXデイトレードもお休みでしたので、代わりにFXの完全自動売買(オートパイロット)のシステムトレードをいろいろ調べていました。
最近では様々な情報がインターネットで入手できるので便利ですね。

現在私がFXデイトレードでメインに使用しているクリックFXの「シストレ君」というのが、お手軽な完全自動売買システムのようです。
また、そのクリックFXではWebサービスAPIを利用して、データの取得やプログラムによる売買が可能なようで、いろいろなプログラムがあるようです。

これから少しずつでも完全自動売買(オートパイロット)のシステムトレードを進めたいという意欲が出てきました。

相場師に憧れ、日々相場に苦戦するサラリーマントレーダーのブログです。 相場で大儲けすることよりも安定して利益にすることを目標にする相場師になりたいですね。

お勧めFX業者

クリックFX(クリック証券)
手数料0円、スプレッド0銭で短期投資(デイトレ)にお勧めです。

取引手数料0円、スプレッド0銭(米ドル/円)以外も凄いですが、その他通貨のスプレッドも最高水準のスプレッドでデイトレなど短期売買や売買回数の多い方には最高のFX業者(証券会社)です。

7FX(セブンエフエックス)
手数料0円、スプレッド0銭で短期投資(デイトレ)にお勧めです。

スプレッド0pip~、手数料0円。レバレッジ200倍。最低入金5万円~。最新トレードシステム採用。1click注文機能(初期設定は2click注文)、自由にカスタマイズできる多機能トレード画面。チャート上で簡単に発注可能なビジュアルトレード機能搭載。

FX ZERO(エフエックスゼロ)

JASDAQ上場ひまわりホールディングスのFX専業会社。手数料0円&米ドル/円スプレッド1銭。最大レバレッジ約300倍。資産は三井住友銀行に完全信託保全。ワンクリック発注機能やまとめて決済するグロス決済機能や豊富なカスタマイズ機能。

サイバーエージェントFX(外貨ex)

東証マザーズに上場している株式会社サイバーエージェントの100%子会社、株式会社サイバーエージェントFXが運営。初心者から上級者まで幅広い層に豊富なセミナー・キャンペーンなどがあります。
(*)キャンペーン期間中

マネーパートナーズ

大証ヘラクレスに外国為替証拠金取引の専業事業者として初めて上場。
100%信託保全による分離保管で安心取引。万が一破綻した場合にも、信託管理人によって信託管理人口座からお客様へ直接返還される仕組みになっています。

みんなのFX(パンタ・レイ証券)

手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、ダイレクト入金も利用できる、トレーディングシステムを提供しています。

フォーランドフォレックス(フォーランド オンライン)
最高水準のスワップ金利で中・長期投資にお勧めです。

フォーランドは毎営業日、主要FX各社の提示額を調査・比較した上で、スワップ金利を決定しており、その付与額は他社より10円以上高い値となることもあり、業界No.1高額スワップ金利の地位を確立しています。

教訓
  • 傾向を見る
  • エントリーポイントまでじっくり待つ
  • 怪しくなったら即撤退
  • 間違いは即撤退
  • 予測をしても期待は持たず現実を受け入れる
  • 手法は固定し柔軟に対応
  • 仕掛けより手仕舞い優先
  • 儲けることより大損しないことを優先
  • 大損しないためにロスカットする
  • 自分の決めたルールを守る
新着情報
目次
最近のコメント
最近のトラックバック
月別記事
特集
QRコード
QRコード
ランキング

当サイトは各種ランキングに参加しています。
お帰りの際にはポチッとクリックをお願いします。^^;

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ


FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking


人気blogランキング
人気blogランキング

検索
Google
リンク
プロフィール

あり~

Author:あり~
基本的なことや基礎的なことは株式相場のホームページのほうに書いていますので、このブログは売買記録のようなものを中心に記載していこうと思っています。

運営サイト
RSSフィード
証券会社

SBI証券
旧:イー・トレード証券


「トレードポイント」「IPOチャレンジポイント」など魅力的な特典があり、株式だけでなく225オプションや先物取引の手数料も安くお勧めの証券会社です。

松井証券


10万円以下は手数料無料などユニークでお得な手数料。また、無期限信用取引の日計り取引の片道手数料または、保有期間6か月超の返済手数料が無料です。

楽天証券


国内株取引や友達紹介で貯まる「楽天証券ポイント」は、楽天市場でお買い物などに使える「楽天スーパーポイント」やJALマイレージの「JMBマイル」と交換可能で、とってもお得な証券会社です。

ひまわり証券


証券CFD取引がミニ株よりもさらに小額な資金から始められ、日本をはじめ、米国・欧州(英国やドイツなど)といった様々な国の株式や株価指数などを売買できます。現物株式CFDなら売り買いとも最小単位の「1株」から取引可能ですし、信用取引のように「空売り」もできるのが魅力の証券会社です。

By FC2ブログ

開設はこちら>>> FC2ブログ

LuxuryMail